売上に関するポイントがリアルタイムでわかり、今まで「勘」に頼って
いたものがきちんと数字で把握できたのは経営者としても安心。

有限会社NPウォンツ

業務内容

印刷・情報サービス

導入サービス

セールスフォース
帳票サービス「Cloud Shared Office Web Report」
画面開発ツール「SkyVisualEditor」

課題

お客様との打ち合わせに足を運ぶ回数を減らしたい

前回の受注記録はもちろんありますが、会社のPCでしか確認できない状況にあり、お客様との打ち合わせには何度も足を運ぶ必要がありました。
また、「ざっくり幾ら?」と聞かれてもすぐには返答ができませんでした。

煩雑になっている情報を効率よく管理・共有したい

ホームページ関連ではそれぞれのサーバーの情報やメールアドレス発行数、アカウント、パスワードなどの情報管理が煩雑で、共有するという以前に、どこにどんな情報(ファイル)があるのかすら記憶に頼っているという状況でした。

導入

「Chatter」での情報共有、「ダッシュボード」に魅力を感じた

まずはChatterに魅力を感じました。
毎日更新されるお客様とのやり取りの中で生まれる情報は小さな会社であっても共有することは困難です。
何をするにも担当者のメモや記憶が頼りであったものが、即座に全員で共有できれば間違いも少なくなり、仕事がさらに早くなります。
社内の情報共有ができるChatterは「使える!」と思いました。

銀行との話の中でよく聞かれるお客様シェアなど、感覚(勘)でしか返答できていなかったものが、ほぼリアルタイムで解析できる「ダッシュボード」も「使えるかも!」と思ったのです。

写真1

効果

お客様との商談がスムーズになり、受注即決に繋がる

情報共有は言葉では簡単ですが、実際に行うことは困難でした。
「Chatter」を利用することで、全員での共有が可能になり、仕事のスピード、正確に磨きがかかりました。
これからは「Chatter」に書き込む情報の取捨選択をしながら、必要な情報をこまめに書き込むよう社員に徹底していきたいと思っています。

写真2

情報や書類を一元管理。組織全体で作り上げることで一体感が生まれた

別システムで行なっていた売上管理(受注、作業内容、見積書、納品書、請求書の一連)の過去のデータをCSVをとおしてSalesforceに入れました。
そうすることで出先でも「前回受注データ」を参照でき、お客様との商談もスムーズになりました。
何度も伺うということもなくなり、受注即決につながりました。
売上データを投入することで、ダッシュボードでは毎年の売上金額とともに顧客別売上シェアなどもリアルタイムで確認できるようになりました。
これまで「勘」に頼っていたものがきちんと数字で把握できることは経営者としても安心です。