Google Analyticsの『データ保持』設定はお済みですか?

マーケティング2018.05.31

Google Analyticsの『データ保持』設定とは?

Google アナリティクスのデータ保持コントロールを使用すると、保存されたユーザー単位やイベント単位
のデータがアナリティクスのサーバーから自動的に削除されるまでの期間を設定できます。

|いつから変更になるのか?

2018年5月25日よりGoogle アナリティクスの「データ保持」機能が有効になりました。
今回の機能が追加された事で初期設定が26ヶ月間となっているため、設定変更を行わないと2018年6月中に
2016年2月より前の過去データが削除あるいは見られなくなる可能性があります。

 

|なぜ『データ保持』の項目が追加になったのか?

Googleアナリティクスは、欧州の「一般データ保護規則」(GDPR)というデータ保護法に準拠するため
に、データ保持期間をユーザー自身で決めることができるようにしました。
また、このデータ保持期間は初期設定で「26ヶ月間」に設定されています。

 

|どうしたらデータが消えるのを防ぐことができるのか?

2018年6月中に2016年2月より前の過去データが削除あるいは見られなくなる可能性がある為、
それよりも前に設定する必要があります。

-『データ保持』の設定方法-

①Google アナリティクスの「管理」(歯車のマーク)をクリック
②「プロパティ」の中にある「トラッキング情報」から「データ保持」を選択
google-analytics1

③「ユーザーデータとイベントデータの保持」の部分で、保有期間を選択。(初期設定は26ヶ月)
(永続的にデータを溜めていきたい場合は「自動的に期限切れにならない」を選択)
google-analytics3
※こちらの設定には「編集」権限を持っているアカウントでログインしていないと表示されませんので、
設定される際はご注意ください。
※「新しいアクティビティをリセット」は「オン」のままで大丈夫です。

 

|まとめ

過去のデータを活用してサイト分析した方、データを取っておきたい方はこれら設定を変更しておきましょう。
変更しておくことでデータの削除、あるいは見られなくなるリスクを防ぐことが出来ます。

これを機に自社のサイトが個人情報保護に関して適切な処置を行えているか、サイト構成などを改めて
見直してみると良いかもしれません。

詳しい内容が知りたい方はアナリティクスヘルプをご覧ください
analyticslink_button